熟女と電話エッチ

声中心の熟女とのやり取りだからこそのマナー

更新日:

声中心の熟女とのやり取りだからこそのマナー

さあこれから電話エッチをやってみよう。

そう思ってはみたものの、まだ不安がある方は少なくないでしょう。

それはどういった不安感なのでしょうか?

知らずに失礼なことをしてしまわないか、そこの不安が大きいのではありませんか?

そこで、電話エッチをするに当たってのマナーについて少しお話したいと思います。

プライバシーは大切

これは日常的に守っているマナーでもあるかもしれませんが、プライバシーを侵害しないよう注意しましょう。

しかしこのプライバシー、侵害しないよう注意していても案外難しいものなのです。

一見すると日常的な話題であるような質問が地雷だったりします。

たとえば、年齢・職業・生まれ故郷などの質問は気を付ける必要があります。

年齢を聞くのはNG

特に女性に対しての質問として最低なのは年齢を聞くというものです。

そんなことをしてしまうととても不快な気持ちになってしまいます。

男性でも年齢の話題を嫌う方がいらっしゃる場合があるので、基本的に年齢についての質問は危険です。

また、年齢を直接聞くことだけがいけないというわけではありません。

探りを入れていると勘違いされてしまうような発言も避けましょう。

職業などの一般的な質問の際も注意が必要

職業について、これは普通の質問ではあります。

ただしそれは必要以上に詮索しないことが前提です。

どんな仕事なのかと質問攻めにしてはいけません、ほどほどにしておきましょう。

ここでは職業を例に挙げましたがもちろん他の何気無いことでも同様に必要以上の詮索は避けて下さい。

それこそプライバシー侵害というものです。

住所を詮索する行為は禁止!

これも何気無い話題のように見えるかもしれないのですが、生まれ故郷についての話題も少し難しいところがあります。

自分の故郷や住んでいる地域の話をする分には構わないでしょう。

ですが、相手にも同じように話すよう要求してはいけません。

なぜかというと、住所などを詮索しているように聞こえてしまうからです。

詮索など怪しまれる行為を避ける

いかがでしょうか?

どれもちょっとした気遣いをするだけでいいという話です。

詮索屋は嫌われるということでもありますし、無闇に詮索したりしないようにすれば問題ありません。

また、疑わしい発言も避けましょう。

うっかりやってしまいがちではありますが、気を付けていれば大丈夫なはずです。

-熟女と電話エッチ

Copyright© ファッションレンタル病院 , 2021 All Rights Reserved.